杉本寺へ御来山歓迎


第一番大蔵山杉本寺(杉本観音) 天台宗
〒248-0002神奈川県鎌倉市二階堂九〇三 0467(22)3463
本尊●十−面観世音菩薩  開基●行基菩薩  創立●天平六年(七三四) 住職●静川慈昭
●詠歌●頼みある しるべなりけり 杉本の 誓ひは末の 世にもかはらじ

三尊同殿の霊場
 美しい自然の景観、それに奈良や京都では拝めぬひなびたみはとけを祀る鎌倉の魅力にひかれてこの地を訪ねる人はまことに多い。いまや、その古都としての静けさも破られてしまったかと嘆かれるはどである。しかし、閑寂な雰囲気を保ち続けている寺もあり、そのうちの一ヶ寺が杉本寺である。鎌倉に来て、この杉本寺へ参る人で、ここが坂東観音札所の第一番霊場であることを知る人は意外に少ない。
 鎌倉の鶴岡八幡宮から東へ金沢街道を約一・三キロはど進むと、左手に丘陵が追ってくるが、これが大蔵山、その中腹に杉本寺がある。享保十年(一七二五)建立の山門をくぐつて、多くの参詣者によって踏み減らされた急勾配の石段を登りつめると、茅葺きの五間四面の観音堂が杉木立ちを背に建っている。鎌倉最古の寺らしい枯れきったたたずまいが、まず拝者に心のやすらぎを与えてくれる。延宝六年(一六七八)の再建である。いたる所に千社札が貼られ、また明和・安永・天明など江戸期の「巡礼奉納額」などが長押を埋め、本尊に寄せられたあつい信仰の歴史が知られる。入山料を納めて新しく設けられた脇の表参道から詣でることになる。
 永禄三年(一五六〇)書写の『杉本寺縁起』に、天平六年(七三四)僧行基が自刻の十一面観音を安置して開創したとある。のちに慈寛大師が同じく十一面観音を内陣の中尊として納め、天台の法流に属せしめた。さらに寛和二年(九八六)恵心僧都が花山法皇の命をうけて十一面観音を奉安したと伝える。これが三尊同殿の由来である。明和八年(一七七一)沙門亮盛師によつて著わされた『坂東三十三所観音霊場記』は、このことについて「坂東第一番と成る事、其の故あらんか。・・・行基・慈覚・恵心の三師、各々十一面の尊像を作り三体同殿を算れば、三十三の悲願分身にあたる。是れ其の第一番に在て四八の霊場を発く由乎」とみえているのが面白い。
   藤原の世の二躯鎌倉の世の一躯
         相伴れおはす南無観世音
と歌人吉野秀雄氏が歌っている。
 せっかくの参拝なのだから入堂して、ご三尊を拝していただきたい。

ご本尊の霊異
『吾妻鏡』文治五年(一一八九)十一月二十三日の条に「夜に入りて大倉観音堂回禄」とあり、時に別当浄台房が煙火の中から本尊三体を運び出したが「衲衣わずかに焦ぐといへども身体あえて恙なし」と霊験が語られている。この頃から多くの信者を迎えるに至ったのであろう。『坂東霊場記』には、この時に本尊自らが境内の杉の木のもとに難を避けられたので、それ以後、杉本寺と呼ばれることになったとある。
 源頼朝は深くここの観音に帰依し、『吾妻鏡』の建久二年(一一九一)の条に「累年風霜侵し、甍破れ軒傾けり、殊に御燐愍有って修理を為す」とみえており、寺運の再興につくし、そのうえ前立本尊も納めている。建暦二年(一二一二)将軍実朝も参詣している。この寺には信仰心のない者が寺の前を乗馬したままよぎると落馬するという伝えや、のちに建長寺開山大覚禅師が袈裟で尊顔をおおったら、そのことは止んだので下馬観音・覆面観音といわれたなど、いかにも当時の武士たちとつながりの深い話である。
 本堂横の五輪塔群は南北朝時代、北畠顕家との戦乱でたおれた斯波一族の供養塔で、わびしげに互いにそりよって建っている姿が杉本寺に一層の静けさを与えている。歴史の多くはこのような目立たない一隅に、その真相を伝えているものだ。

●主な法要行事  四万六千日(八月十日) 毎月一日・十八日 本尊護摩供
●付近の名所旧跡  鎌倉市内の寺社
●宿泊施設  なし
●拝観料  一般二〇〇円 小学生一〇〇円
●納経時間  午前八時から午後四時半まで。


争いのない世界         杉本寺住職 静川慈昭

 杉本寺に十表観音さまのお像が三体おまつりされているのは、十一面観音信仰の波が三度こ の寺に高まったことを示しているといえましょう。
頭の上をよく拝しますと正面に三つのやさしいお顔、その左側に三つの怒った顔、右側に三つ のこわい顔、そしてうしろに笑った顔、その十の顔の中心に正面を向いて仏さまの顔がついてい るのがわかります。
 これは観音さまが、その日、その時によって変る私たちの心と行いにあわせて、それに最も 適した顔で導きお救いくださることを意味しているといわれるものです。すなおで正しい人には やさしい顔で、悪いことを考えている人には怒りの顔で、善いことをしている人には、これはこ わい顔ですが励ましておられ、また落ちつかない人には、そんなことでどうするのかと笑いなが らたしなめてくださるわけなのです。
 だから、どのお顔も私たちを幸せにしてくださるためのもので、すべてが観音さまの温かい心 のあらわれなのです。ですから、みんなが十一面観音さまを信ずると争いのない世界が実現する のです。

第二番札所のページへ
地図(クリッカブル・マップ)へ