那古寺へ御来山歓迎


第三十三番 補陀洛山那古寺 (那古観音)真言宗智山派
〒294-0055 千葉県館山市那古一一二五 0470(27)2444
本尊●千手観世音菩薩  開基●行基菩薩  創立●養老元年(七一七)  山主●石川良泰
●詠歌●補陀洛は よそにはあらじ 那古の寺 岸うつ浪を 見るにつけても

観音補陀洛淨土
 坂東三十三札所の「総納札所」である郡古寺は、 房総半島南端の館山市、その市街から少しはずれ た郡古山の中腹にある。この山はスダシイ、タブ ノキ、ヤプニッケイ、ヤブツバキ、ヒメユズリ混 生の自然林におおわれている。『郡古寺縁起』に 「この山は是れ補陀洛山と称すべし、而して観音 影向の地なり」とあるとおり、鏡ヵ浦を俯瞰し、 海上の交通者を守りたもう観音さまのお住まいと しての条件をここは充分に備えている。奈良朝末 期に日光山が観音のお浄土補陀洛と考えられてい たことは、弘法大師の詩文によって明らかである。 その頃から関東に補陀洛信仰が取り入れられひろ まったのであろう。江戸時代までは観音堂のすぐ 足もとまで浦の波が打ち寄せていたという。ご詠 歌に「岸うつ波を見るにつけても」とあるのが往 時を想いおこさせる。この明媚な風光はこれまで に幾多の巡礼者の心を澄ませてきたことか。しか も、ここが結願の札所、満願の喜びと共に巡礼が それぞれの感慨を抱く霊場である。
 『那古寺縁起』に元正天皇の養老元年(七一七) 天皇の御悩平癒のため、僧行基が老翁の告げによ り、ここの海中より香木を得て千手像を刻み、祈 念したところ、直ちに効験あり、勅願によって山 上に伽藍が建てられたとある。因みに行基作と伝 える千手観音さまのお像は専門家の推定では、藤 原期の華麗な特長を具えているといわれる。樟造 で補修部分は桧材であるそうだ。今、山上の古屋 敷と呼ばれているのがその遺跡である。のちに慈 覚大師が止住せられ、さらに正治年間(一一九九 〜一二〇一)秀円上人に至って真言密教の霊場と なったのである。
 俗に裏坂と呼ばれるゆるい勾配の参道を進み、 まず仁王門をくぐる。そして石畳の参道を藤原期 の作と伝える木造阿弥陀如来の座像を祀る阿弥陀 堂を拝しながらさらに行くと、多宝塔が建ってい る。宝暦十一年(一七六一)住僧憲長が伊勢屋甚 右衛門らと力を合わせ、万人講を組織、勧進して 建てたものである。
 下層四面に切目棟をめぐらせて、和様勾欄を配 した姿は見事であるが、その施工者が地元那古寺 及び周辺の大工であったことが注目されている。 定型を守りながら新しい様式を取り入れているあ たり、棟梁はなかなか意欲的である。
 やがて朱塗り本瓦葺きの本堂が八間の奥行きも 堂々とその側面を現わす。表参道からならすぐ入 堂できるが、この道からは数段の石段を上り左に 廻って正面に出る。観音堂の御拝には老中松平定 信の揮もうによる「円通閣」の額がかかっている。

里見氏一族とのかかわり
 源頼朝がこのご本尊に帰依して七堂伽藍を建立、 また足利尊氏・里見義実もあつい信仰を捧げた。 特に当山第二十一代の別当は里見義秀であり、二 十三代は里見の熊石丸であるなど里見氏との深い 関係で寺勢は大いに伸張した。徳川家康の頃には 鶴谷八幡宮の別当を兼ね、末寺十五ヶ寺、駕籠側 八人衆、三百石を領する大寺となった。寺宝の僧 形八幡大画像は当山の隆盛を今に伝えている。
 だが元禄十六年(一七〇三)の大震災で堂塔全 壊、幕府は岡本兵衛を奉行として、宝暦九年(一 七五九)場所を現在地に移して再建せしめた。外 陣安置の青桐の千手尊(重文)は鎌倉期の作であ る。頬にはりをもっておられるきびしいお顔に内 蔵される生命力を感じとることができる。ご本尊 と共に善男善女に拝まれ今日に至っている。なお 客殿前の大蘇鉄は古株で、茎が十二本に枝分かれ した巨木である。嘉永七年(一八五四)江戸の力 士「一力長五郎奉納」との刻名が礎石にある。

●主な法要行事  除夜初詣 節分会 星祭 灌仏会 七月十八日観音祭礼(夏祭り)  八月九日四万六千日 十月大施餓鬼会
●付近の名所旧跡  市内船形の崖観音 館山城
●宿泊施設  大和屋旅館・民宿伊藤荘
●拝観料  無料
●納経時間  午前八時〜午後五時


山主の観音日誌より 那古寺山主 石川良泰

 ある日一人の老婦人が本堂での読経後静かに私に語りかけた。
 私は近くの農村から戦前横浜に嫁いだ者です。空襲で焼け出され幼い子供の手を引いて故郷の母を頼って帰りました。ある時、母と二人、郡古観音さまの緋緑に座し、このまま田舎に帰って百姓をするか、再び横浜に出るか迷いに迷いました。
 その時母に「今のお前にはいずれにしても住むに家なしだ。故郷で兄にわずかな農地を分けてもらい、小百姓となってもうだつもあがらぬ。苦労も多い。同じ苦労するなら空襲で死んでしまったつもりで横浜へ出て一生懸命働きなさい」と言われて、泣き泣き横浜へ出た。
 それからは頑張りに頑張って働いた。おかげで子供も成功を収め、今では親戚一番の幸せ者とほめられるようになった。私は毎年故郷へ帰るとまずお観音さまに詣で、次に今はなき母の墓前にぬかづき、さらに親戚廻りをすることにしています。
 郡古観音の朱塗りの縁で母が私にさとしてくれた言葉は、母の口を通して語られたお観音さまのお告げであると固く信じて今日まで過ごして参りました。お観音さまのお慈悲はど有難いものはございません、と。

第一番札所のページへ
地図(クリッカブル・マップ)へ